▼爪の構造

爪のしくみについて、ご説明しましょう。

爪は、ネイルボディ・フリーエッジ・ネイルルートから構成されています。

爪の本体のことをネイルボディと言います。ネイルボディの部分には、とくに神経や血液は通っていません。フリーエッジネイルルートに対して、ネイルボディが爪の大半を占めています。ネイルボディは、指先を保護る役割があります。

ネイルボディの下の部分に、毛細血管が集中しているネイルベッドがあります。爪を指でちょっと力を入れて押してみると、白くなるのがわかりますね。これは、その部分に毛細血管が集中しているからです。押すことにより、神経が圧迫されて白くなります。

爪の色が健康的なピンク色に見えたら、ネイルベッドの血行がいいという証拠です。

ネイルルートは、爪の根元の部分のことです。
UP▲

~ネイルアートなびへ

Copy right(C)
ネイルアートなび
All Rights Reserved.